一般社団法人 鳳陽会

T.目的
鳳陽会は、山口大学経済学部及び山口大学全体の発展及び人材の育成に協力し、併せて会員相互の親交を厚くし、知識を交換し、扶助を計り栄誉ある母校の伝統を顕彰し、もって社会文化の進歩に貢献することを目的とする。
U.事業
鳳陽会は、次の事業を行う。
(1) 山口大学経済学部に対する実務教育援助のための寄附講座開催等に伴う講師の随時派遣および諸資料の提供
(2) 広く一般に公開する講演会、談話会または交歓会の開催および助成
(3) 会員の動静、思索の発表、母校の状況報告等を主とした機関誌および会員の名簿の定期発行ならびにその附帯事業
(4) 母校の卒業生および卒業予定者の就職あっせんまたは援助
(5) 鳳陽会館の建設およびその経営ならびにこれに附帯した事業
(6) その他本会の目的を達成するために必要な事業
V.概要 (1) 会員総数は、18,000名を超え、全国で活躍しています。
(2) 全国に40支部(任意団体)を擁し、近隣県は一県複数支部、大都市圏は一支部複数県となっている。
山口県には10支部(任意団体)があります。
(3) 旧山口高等商業学校時代の亀山キャンパスは、山口大学の平川地区への統合移転によって様変わりしてしまいましたが、現山口県立美術館の前には、旧本館前にあった[大銀杏の樹が残っています。又、同じく美術館の東側には、鳳陽寮々歌「花なき山の・・・」の石碑を建てております。
(4) 亀山時代の旧鳳陽寮跡地には、寮に残されていた[鳳波方位盤]を設置しております。
(5) 現在、山口大学経済学部には、平成6年12月15日に竣工した「商品資料館」が、昔の亀山時代の本館を偲ばせるデザインで建てられている。その玄関受付の左側壁面には、鳳陽寮々歌、「花なき山の・・・」のプレート[金子 秀 氏(高40)寄贈]が懸かっています。
(6)

また、経済学部の玄関前には、「山都逍遙歌」の石碑[安部 一成ゼミナール生、寄贈]があります。