土井 晩翠作詞/山田 耕作作曲
(昭和五年五月十八日)
佐々 政一作歌
(明治三十二年九月三十日)
  永井 正春作詞/藤井 哲雄作曲

山口高等商業学校校歌   山口大学学生歌
   
一、 (あお)ぐは鳳翩(ほうべん) (のぞ)むは椹野(ふしの)
(もとい)を文化の 遠きに置きて
時世の進みに 伴い来る
山口高等商業学校
一、 花なき山の 山かげの
月も宿さぬ 川の辺の

はせに立ちたる 学び舎に
起き臥す友よ いざつどへ
  一、

連なる周防の山高く
いま暁の雲を呼ぶ
希望は高く溌らつと
若き吾らのかいな組む
世代の覇者の歌声は
世紀の空に高らかに
ああ山大 山大 山大!

二、 維新(いしん)風雲(ふううん) (うずま)き立てる
防長二州(ぼうちょうじしゅう)の 名に負う此の地
ふさはし青年 其の身を(きた)
其の技磨きて 心を練るに
二、  男子(おのこ)の 思ふどち
折りかざすてふ 山桜
浮世のさがの 色見えて
風にもあへぬ  心かな
  二、

みなぎる意気と感激に
いまれいめいの朝明けぬ
ゆるがぬ平和めざしつつ
若き力のかいな組む
時代の覇者とつどいたる
吾らの誇り高らかに
ああ山大 山大 山大!

三、 (あまね)福利(ふくり)を 四海(しかい)に分つ
理想の実現 (あらた)の光
「商才士魂」の 標語に依りて
健児(けんじ)が胸こそ 高くも(ゆら)
三、 酔ひしれ果てて 中河の
月に浮かるる ざれ歌は
さもあらばあれ いざやいざ
益荒(ますら)丈夫(たけお)の 宴せん
  三、 若き正義は脈打ちて
いま暁の空を呼ぶ
時代の歴史かざるため
若き命のかいな組む
ここ周防のひとすみに
輝くほまれ高らかに
ああ山大 山大 山大!
四、 春秋(しゅんじゅう)三度(みたび)の (いさお)()みて
(わざ)なる(あした)の 望みに(ふる)
金甌(きんのう)()けざる ああ吾が祖国
富まさん吾が任 ああ吾が誉
四、 鳳翩(ほうべん)の嶺 低くとも
(ふし)野の流れ 細くとも
とこしなえなる 山川は
(わが)友垣の 姿なれ