鳳陽会の沿革
1908年(明治41年)
3月

・山口高等商業学校の第一回卒業式が挙行されるに当って、山口高等商業学校 同窓会」を設立。

1927年(昭和 2年)
1月
・幕末の藩士「上田 鳳陽 先生」に因み[鳳陽会]と改称。
1930年(昭和 5年)
11月
・評議会にて、「社団法人 鳳陽会」に改めることが決議され、定款を作成、文部大臣の認可を得て社団法人化された。
1949年(昭和24年)
5月
・山口大学の発足と共に「鳳陽会」も経済学部の同窓会として、引き継がれた。
1979年(昭和54年)
4月
・旧母校所在地跡、亀山公園東麓(山口市亀山町、県立美術館側)に「鳳陽館」を建設し 本部事務局とする。
2008年(平成20年)
3月
・山口高等商業学校同窓会設立以来、百周年を迎えることとなった。
2013年(平成25年)
4月
・公益法人制度改革対応により、「社団法人 鳳陽会」から「一般社団法人 鳳陽会」へ名称変更。