鳳陽会の事務機能


1.鳳陽会会員の動静管理
   明治以来の卒業生は、25,000人を超え、そのうち消息の判明している会員の住所等の変更をデータ化している。

2.鳳陽館の管理

   建物の維持管理や館内に展示してある、鳳陽先生、同窓会等に関する品々の管理をしている。
               (9:00〜16:45 但し、土曜・日曜・祝日は休館)
3.鳳陽会の経理事務
   会費の収受、財産の運用管理、その他経理事務。

4.機関紙「鳳陽」の編集
   年3回発行の為に原稿を依頼し、編集・発行する。

5.経済学部との連携
   母校、経済学部の発展を支援するために、講演会・シンポジウム等の後援をする。

6.在学生の就職相談
   経済学部内の一室で在学生の就職相談に応じている。

7.支部活動の支援